重症心身障碍児・者の医療と福祉に携わって

社会福祉法人 広島県リハビリテーション協会 重症心身障碍児・者医療福祉センター「ときわ呉」 施設長 岡崎 富男

   重症心身障碍児・者は「医療的ケア」を必要とすることが多く、気管切開・胃瘻造設をしている人も多い。頻回の吸痰や人工呼吸器の装着が必要がある人もあり…

詳しく見る

【連載 ばぁばみちこコラム】第二十五回 乳幼児突然死症候群

広島市民病院 総合周産期母子医療センター 元センター長 林谷 道子

 乳幼児突然死症候群は気温が下がる冬場におこりやすい傾向があります。厚生労働省は、平成11年度から、毎年11月を「乳幼児突然死症候群の対策強化月間」と定め、乳幼…

詳しく見る

【連載 ばぁばみちこコラム】第二十四回 赤ちゃんに問題となる感染症―伝染性紅斑―

広島市民病院 総合周産期母子医療センター 元センター長 林谷 道子

 伝染性紅斑は、幼児や学童など子どもに流行する病気で、発疹を伴います。典型的な症状は両頬がリンゴのように赤くなることから「リンゴ病」とも呼ばれていますが、かかっ…

詳しく見る

【連載 ばぁばみちこコラム】第二十三回 赤ちゃんに問題となる感染症―水痘(水ぼうそう)―

広島市民病院 総合周産期母子医療センター 元センター長 林谷 道子

 水痘は「水ぼうそう」とも言われ、9歳以下での発症が90%以上を占める子どもの病気です。  大人になって水痘に罹ると重症化することが多く、また、妊娠中のお母さん…

詳しく見る

糸賀先生に学ぶ

東京大学高齢社会総合研究機構 辻 哲夫

   前年度、糸賀一雄記念未来賞を受賞した際に、ご縁をいただきました糸賀一雄記念財団理事長辻哲夫さま(東京大学高齢社会総合研究機構、元厚生労働省事務次…

詳しく見る

【連載 ばぁばみちこコラム】第二十二回 赤ちゃんに問題となる感染症―麻疹(はしか)―

広島市民病院 総合周産期母子医療センター 元センター長 林谷 道子

 麻疹ウイルスは非常に感染力が強く、手洗いやマスクをしただけでは予防ができません。予防にはワクチンの接種が唯一最も有効な手段です。 日本での麻疹の流行が懸念され…

詳しく見る

【連載 ばぁばみちこコラム】第二十一回 赤ちゃんに問題となる感染症―単純ヘルペスウイルス―

広島市民病院 総合周産期母子医療センター 元センター長 林谷 道子

 単純ヘルペスウイルスは感染力が強く、免疫力が下がると再発しやすいウイルスです。多くの人は、幼い頃の感染によって抗体を持っていますが、妊娠中に初めて感染したお母…

詳しく見る

第45回日本重症心身障害学会学術集会 会長挨拶

第45回日本重症心身障害学会学術集会 会長 末光 茂(社会福祉法人旭川荘 理事長)

この掲載は、社会福祉法人旭川荘 理事長 末光 茂先生にご承諾を得てご紹介しております。 イベント紹介も合わせて、是非ご覧いただければと思います。   …

詳しく見る

【連載 ばぁばみちこコラム】第二十回 赤ちゃんに問題となる感染症―サイトメガロウイルス―

広島市民病院 総合周産期母子医療センター 元センター長 林谷 道子

 サイトメガロウイルスは世界中に存在するありふれたウイルスです。多くの人は、幼い頃に保育園などの集団生活の中で感染しますが、未感染のお母さんが妊娠中に初めてサイ…

詳しく見る

【連載 ばぁばみちこコラム】第十九回 赤ちゃんに問題となる感染症―梅毒―

広島市民病院 総合周産期母子医療センター 元センター長 林谷 道子

 厚生労働省の感染症発生動向調査によれば、平成25年頃から梅毒の感染者が増加し始め、再び流行する兆しを見せています。梅毒はペニシリンの投与によって治る病気です。…

詳しく見る