第20回福祉機器展示・体験会を終えて

広島市こども療育センター 発達支援部 二葉園 理学療法士 藤林英隆

   約20年前に一人のスタッフが他県での福祉機器展を観て、ぜひ広島でも!!という思いから始まりました。初めはこども療育センターの5Fや訓練室などを利…

詳しく見る

重度心身障がいという生き方 ~口分田先生の講演のまとめから~

 滋賀県立彦根東高校で第一回図書館ゼミが開催され、びわこ学園医療福祉センター草津 施設長 口分田先生が、「『動けない、食べられない、話せない』。でも出会いとつな…

詳しく見る

◆胃ろうになって…シリーズ②◆

なるちゃん先生

◆ラコール漏れ漏れ事件簿◆   ~液体編~  胃ろうになり少しだけ口から食べられますが、6~10口まで。あとは栄養たっぷりの液体ラコールを注入。  最…

詳しく見る

◆◆胃ろうになって…シリーズ①◆◆

なるちゃん先生

◆◆医ケア物品パニック◆◆    むすこくんが胃ろうになって退院後、生活介護に再び通いだし持っていく物が多く何かを忘れる!覚えきれない!!記憶力低下!…

詳しく見る

単三電池で駆動可能な携帯型たん吸引器

日東工器株式会社 メドー事業部 伊藤嵩明

日東工器株式会社より小型・軽量・静音、かつ単三電池でも駆動可能な携帯型たん吸引器「キュータム」のご紹介です。 小型・軽量(約1.2kg)で持ち運びラクラクです。…

詳しく見る

ちょうど28年前のこの頃…

シュウサク母ちゃん

ちょうど28年前の2月のこの頃   発達の遅れを感じ、訓練を開始した数日後のこと   小さなピク!が繰り返しあり病院へ… 診断名は点頭てんか…

詳しく見る

離乳食時の椅子の一工夫【豆いす編】

理学療法士 小柳翔太郎

 早く生まれたお子さん、小さく生まれたお子さんが離乳食を始めるときに困ることの1つに、「食事の時の姿勢」があると思います。  市販の椅子を使ってみても、お子さん…

詳しく見る

離乳食時の椅子の一工夫【Bumbo編】

理学療法士 小柳翔太郎

 早く生まれたお子さん、小さく生まれたお子さんが離乳食を始めるときに困ることの1つに、「食事の時の姿勢」があると思います。  市販の椅子を使ってみても、お子さん…

詳しく見る

ヘルマンハープ

シュウサク母ちゃん

皆さん、ヘルマンハープをご存知ですか?   シュウサク母ちゃんは、知りませんでした^^;   ヘルマンハープはドイツ人のヘルマン氏によって、…

詳しく見る

日常生活の中で立位を楽しもう!「tatti」と「タップマスター」

有限会社であい工房

日常生活の中に立位を! tattiで始める重度化予防  私たちの身体は生まれた時から重力のもので発達し、重力のもとで生きていく仕組みを備えています。  “座りす…

詳しく見る