書籍紹介「重い障がい児に導かれて 重症児の母、北浦雅子の足跡」

重い障がいがある子どもたちによって与えられるものはとても大きくて、私たち保護者は大きく成長させられます。   北浦雅子さんは私達保護者の大先輩です。子…

詳しく見る

あるお母さんの行動から…。

はる

 先日若い訪問リハの先生が、どうして広島では訪問リハビリが活発に利用されているんでしょうね❓と不思議がっていました。    10数年前ま…

詳しく見る

『通園施設(二葉園)に通うようになって』

kママ

  我が子は肢体不自由児の通園施設(二葉園)に通うようになりもうすぐ1年になります。それまでは身体が弱いこともあり、外出は病院に行くくらいで日中は自宅で二人で過…

詳しく見る

「文部科学省課題解決型高度医療人材養成プログラム 重症児の在宅支援を担う医師等養成事業 インテンシブコース」の研修を修了しました.

理学療法士 小柳翔太郎

  昨年の4月から今年の2月にかけて鳥取県で開催された全8回の研修には,医師,看護師,理学療法士,作業療法士,言語聴覚士,介護福祉士,保健師,歯科衛生士,児童相…

詳しく見る

子どもの目線で考える〜大人の当たり前は子どもの当たり前じゃない〜

理学療法士 小柳翔太郎

「ゆるゆるして」 ストレッチ中に筋緊張を強めてしまう子どもたちに,このような声をかけたことが皆さんも一度はあるのではないでしょうか? その他にも, 歩く練習をし…

詳しく見る

お口の乾燥

なるちゃん先生

  7月に胃ろうになったむすこくんですが、少し前から気になることがありました。   しっかり今まで通りに歯を磨いているのに、ちょっとお口の臭いが気になりだしたの…

詳しく見る

デイサービスで感じたこと

匿名先生

 私は三十年前、療育センターの二葉園で臨時職員として働き始めました。そこで出会った子ども達とお母さん達、そして職員達の一生懸命な姿とイキイキと輝いている様子に日…

詳しく見る

医ケアのママ友会

あやママ

  ここすまネットのシュウサク母ちゃんを誘って飲み会をしたのがきっかけで発足した在宅医療を行っているママ達との交流会。 「てまひまの会」   情報交換…

詳しく見る

ポジショニングについて -ちょっとひと工夫-

理学療法士 北山 良平

 姿勢を自分で保持することが難しい方には姿勢を整えてあげる必要があります。これをポジショニングといいます。  写真①の様に横向きの場合(側臥位)、背中側やお腹側…

詳しく見る

広島口腔保健センターの摂食指導をうけて来ました

なるちゃん先生

 12月9日(土)に障害児者・要介護高齢者等専門歯科医療機関、広島口腔保健センターの摂食指導をうけて来ました(^^)    むすこくんはH.29.7月…

詳しく見る