ちょうど28年前のこの頃… シュウサク母ちゃん

ちょうど28年前の2月のこの頃

 

発達の遅れを感じ、訓練を開始した数日後のこと

 

小さなピク!が繰り返しあり病院へ…

診断名は点頭てんかん

 

訓練をすれば正常な発達に追いつくぐらいに思ってたのが、そんな簡単なことじゃなかった

 

次男の障害が明らかになったのが、ちょうどこの頃

 

病院で泣いた記憶はない

 

自宅に戻ったのは、20時近かった記憶

 

近くのコンビニでお弁当を買って帰った

 

涙が止まらない

食べる気にもなれなかった

 

そばでミニカーを持って遊んでいた当時3歳の長男が声をかけてくれた

 

「母さん、母さんとボクとシュウくんと父さんのみんなで手をつなごう!」

 

この言葉に救われた

 

でも、ピクピクする次男を抱くのを拒絶したい気持ちだった

 

そして、主人は何もなかったように、「シュウくん、お風呂入ろうか」と声をかけてくれた

 

この行動にも救われた

 

そこから、新たなスタート

 

前向きになれたり、後ろ向きになったりの繰り返し

 

いろいろあった28年間

 

こんな私たちの生活が、他県でも紹介されることになった

 

広島以外の後輩ママたちの役に立てたり、障害児者福祉の役に立てるようになるなんて、思ってもみないこと

 

その日のことを思い出すと、今でも涙が出る

 

でも、今は決して悲しい辛い涙ではない

 

その日の家族への感謝の涙

 

そして、たくさんの出会いの皆さんに感謝